写真集 汽憶 Kioku

「汽車は夢を運び、悲しみを乗せ、今日も時間通りに夕暮れの中を、記憶の縁を走り抜けていく」をテーマに、ひとりのカメラマンがレールを走る被写体をモチーフにしてファインダーに納めた渾身の一冊。北海道の四季とその中を走る汽車を美しくとらえたロマンチックな写真集。撮影は数々の写真コンテスト入賞経験や有名雑誌への写真提供などの実績のある番匠克久です。
判サイズ・頁四六判変型・72P
著者番匠克久(文・写真)
発売日2006/10/4
定価1900円+税
ISBN4-900253-24-3