社員インタビュー③

文章を書く仕事を
したいと思って
2016年入社
池田 知世
北海道事業部
編集

この仕事を選んだきっかけは?

昔から文章を書く仕事がしたいと思っていました。就職活動をしているとき採用担当者の「楽しいものを一緒につくりましょう」という言葉に感銘を受けたので採用選考試験を受け、入社しました。

仕事のやりがいを教えてください。

自分の考えた企画がたくさんの人の手によって形になり、たくさんの人の目に触れることがやりがいになっています。「雑誌やフリーペーパーを読みました」という声や、「取材先の人に素敵に書いてくれてありがとう」という声をいただけるとすごくうれしいです。

仕事をするときに心がけていることは?

私はどのような仕事でも丁寧に取り組むことを意識しています。取材先に行くときは出来る限り事前にしっかり調べて、相手が話しやすい雰囲気をつくるようにしています。原稿を書くときも読者を想像しながら書き、100%の出来だと納得してから上司に確認をお願いしています。様々な人の目に触れるものをつくっているので、恐怖心がありますが、確認を怠らず丁寧に仕事をして不安に打ち勝っています。

印象深いエピソードはありますか?

入社して間もない頃、仕事に対して消極的な気持ちになっていたとき「疑問や不満を持つのは当たり前。いつでも話を聞くから一緒に頑張ろう」と言われたことがあります。その言葉に自分は1人じゃないのだと感じ、すごく救われました。

学生さんへのメッセージをお願いします。

社会人になると学生のときとは違う辛さや大変さを感じることがたくさんあると思います。でも、辛いことと同じくらい楽しいこともたくさんあります。自分の好きなこと、やりたいことを仕事にするために、様々なことに目を向けましょう。

媒体・広告に関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

問い合わせる